結婚の約束を公にしてより確かなものに

二人が結婚をするを意思をかため、約束を取り交わせば、それが婚約です。
婚約には必ずこうでなければという決まりや形式はありません。
口約束だけでも婚約といえますが、お互いの家族や職場など、周囲の人たちに何らかの形で公表し、社会的に認めてもらうことで成立するのが一般的です。
これには二人を見守ってきた人々に、感謝の気持ちを表すという意味があります。
また、本人にとっては結婚するという自覚や責任が生まれ、二人の絆はより確かなものになります。
万が一、婚約解消になるようなトラブルが起きた場合、口約束だけでは社会的、法的な責任が問いにくいので、その事実を証明するものがあったほうがいいという考え方もあります。
また、日本では結納という婚約成立を確認するための国独特の儀式をはじめ公表する方法はさまざまです。
食事会や婚約パーティで婚約記念品を交換したり、最近ではこれらにいろいろと組み合わせてプレ結婚式をおこなうカップルもいます。
婚約を公にするのはプロローグであり、両家が最初に行う共同作業です。