結婚できない人には共通点がある

世の中には、いつまで経っても結婚ができない人たちがいます。
顔がそれほど悪くないのに、一向に結婚ができない女性もいるのです。
こうした人たちに共通するのは、理想が高すぎるということです。
自分に自信があるのか分かりませんが、結婚相手に求める最低限の条件がすでに高く、それに見合った相手を見つけ出すことができないのです。
世間知らずだということもあるかもしれません。
年収500万円以上稼いでいる20代の人というのは、全体の数%程度しかいません。
それなのに、年収800万円を最低条件に設定したりと、もう無茶苦茶です。
確かに一握りの人はIT関連会社の社長や芸能人などと結婚をすることもできるでしょうが、普通はそうした奇跡は起こらないものなのです。
現実的に考えて、理想をぐっと引き下げるのが正解でしょう。
年齢が上がってしまえば、条件を下げても相手が見つからなくなってしまうことも多いです。
相手にすべてを求めるのではなく、自分も夢を持って仕事をしていくなどした方がいいのではないでしょうか。